弁護士法人 モノリス法律事務所03-6262-3248平日10:00-18:00(年末年始を除く)

法律記事MONOLITH LAW MAGAZINE


Warning: Undefined variable $category in /home/xb675064/monolith.law/public_html/wp-content/themes/monolith2021/archive.php on line 30

Warning: Trying to access array offset on value of type null in /home/xb675064/monolith.law/public_html/wp-content/themes/monolith2021/archive.php on line 30

Warning: Attempt to read property "category_nicename" on null in /home/xb675064/monolith.law/public_html/wp-content/themes/monolith2021/archive.php on line 30

Warning: Undefined variable $category in /home/xb675064/monolith.law/public_html/wp-content/themes/monolith2021/archive.php on line 30

Warning: Trying to access array offset on value of type null in /home/xb675064/monolith.law/public_html/wp-content/themes/monolith2021/archive.php on line 30

Warning: Attempt to read property "category_nicename" on null in /home/xb675064/monolith.law/public_html/wp-content/themes/monolith2021/archive.php on line 30

Warning: Undefined variable $category in /home/xb675064/monolith.law/public_html/wp-content/themes/monolith2021/archive.php on line 30

Warning: Trying to access array offset on value of type null in /home/xb675064/monolith.law/public_html/wp-content/themes/monolith2021/archive.php on line 30

Warning: Attempt to read property "category_nicename" on null in /home/xb675064/monolith.law/public_html/wp-content/themes/monolith2021/archive.php on line 30
YouTube の5つ禁止事項「コミュニティガイドライン」とは?アカウント停止されないために知っておきたいこと

YouTube の5つ禁止事項「コミュニティガイドライン」とは?.

YouTube には「コミュニティガイドライン」が存在します。投稿される動画がYouTubeというプラットフォーム...

IT・ベンチャーの企業法務

法律事務所・弁護士によるエスクロー・エージェントとしての業務

法律事務所・弁護士によるエスクロー・エージェントとしての業務

エスクローとは、取引の際に、売主と買主の間に第三者が入って、取引の安全を担保する仕組みです。つまり例えば買主が売主...

IT・ベンチャーの企業法務

ChatGPTの商用利用は可能?著作権問題についても弁護士が解説

ChatGPTの商用利用は可能?著作権問題についても弁護士が解説

2022年11月にリリースされて以来話題を集めている、自然言語生成AI・ChatGPT。あらゆる分野の質問に対し、...

IT・ベンチャーの企業法務

【速報】Threadsでも「歌ってみた」が投稿可能に!JASRACと利用許諾契約を締結

【速報】Threadsでも「歌ってみた」が投稿可能に!JASRA.

米メタ(Meta)が開始したテキストベースのSNS「Threads(スレッズ)」は、サービス開始から1日足らずで、...

IT・ベンチャーの企業法務

ChatGPTの業務利用は可能か?メリットや注意点を解説

ChatGPTの業務利用は可能か?メリットや注意点を解説

近年、AI技術の進化は目覚ましいものがあり、その中でも自然言語処理(NLP)の領域は急速に発展しています。特に、高...

IT・ベンチャーの企業法務

ChatGPTの利用には危険性がある?対策方法についても解説

ChatGPTの利用には危険性がある?対策方法についても解説

公開以来、世界中で注目を集めているChatGPT。アメリカのOpenAI社によって開発され、発表後2ヶ月でアクティ...

IT・ベンチャーの企業法務

フリーランスは「労働者」か?労務担当が知るべき労働者性の判断基準とは

フリーランスは「労働者」か?労務担当が知るべき労働者性の判断基準.

インターネット上で業務を受注するクラウドワーカーの増加等により、働き方が多様化しています。こうした働き方をする人た...

IT・ベンチャーの企業法務

【速報】個人情報保護委員会がChatGPTの利用に関して注意喚起

【速報】個人情報保護委員会がChatGPTの利用に関して注意喚起

ChatGPTをはじめとする生成AIサービスは、現在、我が国において急速に普及しています。しかし、その利用にあたり...

IT・ベンチャーの企業法務

令和5年電気通信事業法改正とは?Cookie規制についても詳しく解説

令和5年電気通信事業法改正とは?Cookie規制についても詳しく.

令和5年に施行される予定の電気通信事業法改正では、電気通信事業を取り巻く環境変化を踏まえ、サービスの円滑な提供・利...

IT・ベンチャーの企業法務

音楽メロディーの「盗作」のラインは?複製と二次的著作物の判例「どこまでも行こうvs記念樹事件」を解説

音楽メロディーの「盗作」のラインは?複製と二次的著作物の判例「ど.

音楽メロディーの「盗作」の問題は、創造性と著作権の交差点に立つ複雑な領域です。特に、著名な判例「どこまでも行こうv...

IT・ベンチャーの企業法務

Twitterのスクショ引用は著作権侵害になる?令和5年判決を解説

Twitterのスクショ引用は著作権侵害になる?令和5年判決を解.

他人の著作物を利用するには、原則、著作権者に利用許諾を取る必要があります。他人の著作物を無断で複製したり公衆送信し...

IT・ベンチャーの企業法務

令和5年10月より「広告」明示が義務に。ステマ規制の運用基準について解説

令和5年10月より「広告」明示が義務に。ステマ規制の運用基準につ.

ステマ(ステルスマーケティング)とは、広告であることを隠した広告を指し、芸能人やインフルエンサー等が中立な第三者を...

IT・ベンチャーの企業法務

口コミも薬機法の規制の対象となる?関連する法律を解説

口コミも薬機法の規制の対象となる?関連する法律を解説

投稿された口コミをめぐって事業者の責任が問われる場面はあるのでしょうか。商品の購入を検討する際、消費者は店側が発信...

IT・ベンチャーの企業法務

令和4年刑法改正でどう変わった?侮辱罪の厳罰化を弁護士が解説

令和4年刑法改正でどう変わった?侮辱罪の厳罰化を弁護士が解説

誹謗中傷や侮辱は、その被害者にとって深刻な影響を及ぼすことがあります。インターネットやSNS上での誹謗中傷が増加す...

風評被害対策

薬機法違反による行政処分の対応状況とは?事例を含めて解説

薬機法違反による行政処分の対応状況とは?事例を含めて解説

薬機法では、従前から医薬品等の製造販売業者に対する業務改善命令や、製造販売の承認取消しなどの行政処分が規定されてい...

IT・ベンチャーの企業法務

IoTビジネスで注意すべきハード面・ソフト面の法規制を解説 

IoTビジネスで注意すべきハード面・ソフト面の法規制を解説 

近年、IoT(インターネット・オブ・シングス)技術の急速な進展により、さまざまな産業分野でデバイス同士が連携し、効...

IT・ベンチャーの企業法務

ステマは不当表示?規制強化への動きと景品表示法について解説

ステマは不当表示?規制強化への動きと景品表示法について解説

SNSやYouTubeでの自然な投稿を装いながら、実際には事業者が商品やサービスを宣伝する「ステマ(ステルスマーケ...

IT・ベンチャーの企業法務

SNSでの投資情報発信の注意点とは?風説の流布や名誉毀損、相場操縦になる要件を解説

SNSでの投資情報発信の注意点とは?風説の流布や名誉毀損、相場操.

今や、SNSを通して、情報を発信・収集するのは当たり前になりました。特に投資分野ではSNSの即時性と相性がいいこと...

IT・ベンチャーの企業法務

スラップ訴訟はどのような場合に違法となるのか?実際の判例をもとに解説

スラップ訴訟はどのような場合に違法となるのか?実際の判例をもとに.

自分を批判してくる相手の言論を封じ込めることを目的として訴訟が用いられるケースがあります。そのような訴訟は「スラッ...

風評被害対策

DeFiの3つの法的課題とは?DEXのトークン発行に関する法規制を解説

DeFiの3つの法的課題とは?DEXのトークン発行に関する法規制.

ブロックチェーン技術は、さまざまな分野で利用されています。暗号資産(仮想通貨)では、中央銀行が介在しない通貨(資産...

IT・ベンチャーの企業法務

TOPへ戻る